日韓の二千年の歴史8/高句麗と日本

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

中国大陸で589年に隋が統一を果たすと、高句麗(コグリョ)は身が凍るほどの脅威を感じた。それまで高句麗は日本と関係を保っていなかった。しかし、隋の攻撃を受け始めると、「西から侵攻を受けるなら、東の国と連携しよう」という気持ちに傾き、日本との外交に乗り出した。

写真=植村誠




慧慈と聖徳太子

高句麗が日本と関係を持つと、多くの僧侶が日本にきて様々な文化を伝えている。
中でも、595年に来日した慧慈(えじ)が有名だ。
彼は聖徳太子の師匠と言われる。
聖徳太子は慧慈の支援を受けて、仏教教典の研究会を創設した。そして、仏教教典の注釈書作成を行なった。
作成には渡来系の僧侶も加わった。
しかし、聖徳太子に一番頼りにされたのが慧慈だった。




彼は日本に長期滞在して615年に高句麗に帰国した。
その7年後だった。
聖徳太子が世を去ったことを知らされたのだ。
慧慈は慟哭(どうこく)した。
彼は自ら供養を行なって聖徳太子を讃えた。
「日本に聖人がおられた。天から優れた資質を受け、大きな聖の徳を持ってお生まれになった方だ」
(ページ2に続く)

日韓の二千年の歴史9/京都と秦氏

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る