日韓の二千年の歴史9/京都と秦氏

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

古代の渡来人の集団の中でも特に有力だった秦氏(はたうじ)。この一族が日本に来たのは、4世紀から5世紀の頃と推定される。以後、秦氏は渡来系として急速に勢力を拡大。彼らは、養蚕機織や農業灌漑の技術を持っていることが強みだった。川に堰(せき)を作って水を分散させて各地に供給するという土木技術は、京都盆地を豊かな農地に変えていく礎となった。

京都の広隆寺




広隆寺を建立した秦河勝

映画の撮影所が多かったことで知られる京都の太秦(うずまさ)。この地名に「秦」の字が入っている。このことからわかるように、太秦も秦氏にゆかりがある土地である。
太秦から嵯峨野にかけての土地は秦氏によって開拓された。それによって秦氏は莫大な資産を持ち、大和の朝廷が資金的に頼った。
特に名が知られたのが秦河勝(はたのかわかつ)である。彼は嵯峨野に居住し、大和にいた聖徳太子を援助した。秦河勝が太秦に広隆寺を603年に建立したのも、聖徳太子が仏教の教義を深めるためであった。
広隆寺は古くは蜂岡寺と称され、他に秦寺、秦公寺、葛野寺、太秦寺とも呼ばれた。広隆寺の成立を「日本書紀」はこう伝える。




太子が言った。
「私は尊い仏像を持っている。誰か、この仏像を祀る者はいないか」
秦河勝が進み出て言った。
「臣がこれを拝みましょう」
秦河勝が仏像を受け、蜂岡寺を建立した。
(ページ2に続く)

日韓の二千年の歴史10/白村江の戦い

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る