日刊スポーツが報じた東方神起「ツアー完走」の雄姿!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2019年1月20日に「東方神起 LIVE TOUR 2018~TOMORROW~」の最終公演が京セラドーム大阪で開催された。そのライブの様子を日刊スポーツは1月21日付けの芸能面で大々的に報じている。




まさにミラクルステージ!

2018年、「日本で1年を通じてライブ動員数が一番多かったアーティスト」に認定された東方神起。もちろん、2019年になっても、その勢いは変わらない。「東方神起 LIVE TOUR 2018~TOMORROW~」の最終公演でも、魅惑的なステージを存分に披露してくれた。
その様子を伝えた1月21日付けの日刊スポーツは、熱い記事を次のような文章で始めている。
「開演前から、京セラドーム大阪はグループカラーの赤いペンライト一色に染まった。オープニング映像が流れ、地鳴りのような大歓声が響き渡る中、東方神起が登場。17年8月の再始動後初のオリジナルアルバム『TOMORROW』に収録された『Yippie Ki Yay』のメロディーとともに、3時間のミラクルステージが始まった」




この「ミラクルステージ」という表現が、まさに象徴的だ。
実際、会場に集まった人たちは、まるで別世界に誘われたかのような「奇跡」を体感したに違いない。
(ページ2に続く)

東方神起もかならず受けてる除隊後の動員訓練とは何か?

東方神起ユンホとヒョンビンが双璧!兵役で株を上げたスター

東方神起の快挙!「日刊スポーツ」が大々的に報道

東方神起の復帰を『婦人公論』が素敵な記事で祝福!

あの『週刊文春』が東方神起の兵役と復帰を好意的に報道!

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る