東方神起の復帰を『婦人公論』が素敵な記事で祝福!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

中央公論新社が発行する『婦人公論』が9月26日号で東方神起の記事を掲載している。記事のタイトルは「待っていたことを後悔させない」。記者会見での東方神起の写真も表情がとてもいい。

『婦人公論』に掲載された記事

自分自身を見つめ直す

『婦人公論』といえば、現代に生きる女性たちの生き方をテーマごとに大特集する女性誌として知られている。
女性ファッション誌と一線を画した硬派な雑誌なのだが、その『婦人公論』が8月21日に東京で行なわれた東方神起の記者会見の様子を報じている。




記事は1ページだが、内容がコンパクトにまとめられている。
たとえば、記事は2人の発言を紹介したあとで、次のように続く。
「以前と変わらず息ぴったりの2人だが、この2年は自分自身を見つめ直し、互いの存在やサポートしてくれる家族、スタッフ、ファンの大切さを改めて実感したという。そして、『ファンの皆さんが僕たちを待ってくれていた時間を後悔しないよう、素晴らしい姿を見せたい』と、復帰記念アルバムの発売と全国5大ドームツアーの開催を発表した」
この文章を読めば、「自分自身を見つめ直し、ファンの大切さを改めて実感した」という2人の心情が伝わってくる。(ページ2に続く)

韓国メディアは東方神起ユンホの除隊をどう伝えたか

東方神起のユンホ!復帰作に『メロホリック』を選んだ理由は?

あの『週刊文春』が東方神起の兵役と復帰を好意的に報道!

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る