東方神起の快挙!「日刊スポーツ」が大々的に報道

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

横浜・日産スタジアムで、6月8日から10日まで3日連続の「Begin Again」ラスト公演を行なった東方神起。日本でも最大級の競技場である日産スタジアムで、3日間連続のライブ開催は史上初めてのことだった。

2018年6月11日付けの「日刊スポーツ」

圧巻の紙面

100万人を動員。
偉大な記録!
同一ツアーでは海外アーティストとして初めてとなる100万人の観客数だった。
そのツアーの締めくくりはあいにくの雨だったが、7万3000人のファンが熱狂。その模様を「日刊スポーツ」は詳しく伝えた。
6月11日は新聞休刊日だったが、スポーツ新聞は新聞休刊日のときに、駅の売店やコンビニで販売する特別版を発行する。




「日刊スポーツ」も、6月11日の新聞休刊日に恒例の特別版を発行した。
スポーツ新聞の月曜日の芸能面というと、前日の日曜日に行なわれた芸能イベントなどの記事で通常は埋め尽くされるのだが、その中でも東方神起のライブの模様が別格の扱いで大きく報道された。
それほど、日本での東方神起の活動が注目されている。
なんといっても、真っ赤なステージ衣装に身を包んだ東方神起の2人が新聞紙面を大きく飾っているのは圧巻だ。(ページ2に続く)

東方神起ユンホがリーダーの『Dunia』制作発表会!

東方神起ユンホ!『メロホリック』の制作発表会で満面の笑み

東方神起ユンホの除隊で何が見えてきたか(前編)

東方神起ユンホが兵役で悩む若者に勇気を与えた

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る