東方神起もかならず受けてる除隊後の動員訓練とは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

多くのファンは「韓流スターが除隊すると兵役は終わり」と考えてしまいがちだ。しかし、除隊しても兵役は終わらない。毎年かならず予備軍の訓練を受けているのだ。それは、どんな訓練なのだろうか。

写真=韓国陸軍公式サイトより

軍事技術を維持することが目的

東方神起が除隊した当時は、それが大々的なニュースになった。しかし、彼らの兵役は実はまだ続いている。
定期的に休みをとって、予備軍の訓練を受けているのだ。それは、除隊した他の芸能人も同じだ。
しかし、予備軍の訓練はニュースにならない。ひっそりと行なわれているというのが実態なのである。
この予備軍とは、どういうものなのだろうか。
予備軍は、戦時のときに兵士として戦線に入っていく人たちのことだ。平時には社会で一般人として活動するが、籍そのものは軍に残っていて、以後も予備軍として戦時に備えているのだ。
そのためにも、入隊時に身につけた軍事技術を維持しなければならない。




たとえば、射撃の腕がなまってしまってはいけないのだ。
そこで、除隊後も定期的に訓練を受ける必要がある。
その最初が動員訓練なのだ。
具体的に説明していこう。
(ページ2に続く)

韓流スターの兵役が気になったらこれだけは絶対に知っておこう!

BTS(防弾少年団)にも影響? 今後大きく変わる芸能人の兵役問題

「今や兵役は芸能人の墓場ではない」と言い切れる根拠とは?

最前線の部隊に入ったスターはどんな新兵訓練を受ける?

素朴な疑問!兵役を拒否したらどうなる?

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る