あの『週刊文春』が東方神起の兵役と復帰を好意的に報道!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「文春砲」という流行語を生むほど勢いがある『週刊文春』。取材力に定評がある日本最強の総合週刊誌が、9月14日号で東方神起の兵役と復帰について報道している。果たして、何が書かれていたのか。

来日記者会見を報道

日本の男性向けの雑誌というと、韓国のことを意図的にこきおろす「嫌韓派」が多いのだが、ナンバーワンの勢いを持つ『週刊文春』は違った。
9月14日号の誌面に「兵役帰り東方神起、特級戦士評価で人気復活」と題した記事を掲載した。
この記事は「兵役のため活動を休止していた韓国の人気アイドルユニット『東方神起』が、8月21日に来日。メンバーのユンホとチャンミンが活動再開を宣言した」というリード文で始まっている。




本文ではまず、スポーツ紙記者の言葉を引用して来日記者会見の様子を伝えている。
「再始動会見には百人超の報道陣が集まりました」
「海外アーティストとしては史上初となる三度目の五大ドームツアーの開催と、復帰記念アルバムの発売を発表」
以上のように、東方神起の今後の予定を紹介していた。(ページ2に続く)

東方神起のユンホ!復帰作に『メロホリック』を選んだ理由は?

東方神起ユンホは「人の心を読める超能力者」をどう演じるのか?

義務警察は本当に廃止されるのか

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る