韓国ドラマは常に限界ギリギリの中で制作されている!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日韓のテレビ放送のスタイルを比較してみると、大きな違いがあります。その中で特に違っているのが、CMの扱いです。韓国では公共のKBSでもCM放送がありますが、原則的にどの放送局でも番組の途中にはCMを入れません。その分、CMは番組の最初と最後だけに集中することになります。

真冬の撮影は本当につらいのだが……




韓国的な経費節減策

韓国では番組の途中にCMを入れませんが、このことは視聴者からは好意的に受け止められています。CMによって放送の中身が寸断されることがないからです。
日本では、“せっかくいいところでCM”ということが当たり前です。その度に視聴者は水を差されるわけですが、韓国のテレビ番組ではそれがありません。
ドラマも、最初から最後までCMをはさまずに放送されます。これは制作側にとっても都合が良いことです。なぜなら、CM挿入を想定してあらかじめ場面を調整する必要がないからです。
韓国ドラマはテンポが良くて視聴者がグイグイと引き込まれるのも、途中でCMをはさまないということも少なからず関係しています。
もう1つの違いは、韓国では事前制作が本当に少ないということです。一般的なドラマでは、放送の直前まで撮影を行なってギリギリに間に合わせているのです。
日本では、放送までに時間的余裕を持つために事前にどんどん撮影を済ませていきますが、韓国は“事前”に撮り溜めしておきません。これは、俳優やスタッフの拘束日数を少なくするための方法です。端的に言えば、韓国的な経費節減策なのです。




それでいながら、韓国のドラマは1週間に2話ずつ放送するのが当たり前なので(1週間の中で月火、水木、土日というように2夜連続放送が常識)、撮影現場は徹夜続きになります。
(ページ2に続く)

放送から3年経っても大人気のレジェンドドラマ『太陽の末裔』!

前半が面白くても後半に失速する韓国ドラマが多いのはなぜなのか

『アルハンブラ宮殿の思い出』を見るとヒョンビンの絶頂期がわかる!

言い争う場面が極端に多いのが韓国ドラマ!

韓国ドラマで同じ俳優があちこちに出てくる理由とは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る