前半が面白くても後半に失速する韓国ドラマが多いのはなぜなのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

数多くの韓国ドラマを見ていて気になることがある。具体的にどのドラマとは言いにくいのだが、後半に入って雑な展開になる作品が多いのだ。そこには、どんな背景があるのだろうか。




切羽詰まった撮影状況の影響

韓国の有名なことわざが「始めれば半分」。
これは、ものごとをスタートさせれば半分が終わったも同然、という意味だ。
まさに、韓国ドラマはこのタイプ。制作陣は最初の勢いを大事にする。
海外ロケをしたり、大がかりなセットを作ったり……。
とにかく、韓国ドラマはスピーディーな展開が持ち味でエネルギッシュだ。
しかし、勢いが持続しない。
それは当然かも。1週間に2日連続で放送するドラマが多いので、後半は「生放送?」と揶揄(やゆ)されるほど、撮影と放送が同時期に重なる。
やはり、短期間に徹夜続きの撮影で限界が生じる。
その結果、後半に入ってからストーリーが迷走する。
人間関係の描き方が雑になったり、無理やりストーリーの帳尻を合わせてきたり……。明らかに、切羽詰まった撮影状況の影響が出てしまう。




さらに、クライマックスで突発的な終わり方をするものも多い。「最終回をじっくり練ってこれで行こう」というのではなくて、「時間切れだからこれでいくしかない」という感じなのだ。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る