『アルハンブラ宮殿の思い出』を見るとヒョンビンの絶頂期がわかる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

常に話題作に主演し続けているヒョンビン。彼がパク・シネと共演した『アルハンブラ宮殿の思い出』が評判になっている。このドラマを見ると、ヒョンビンという俳優の人生が垣間見られる気がして、不思議な高揚感がある。




まっすぐ生きている人

どのような基準を持ってどんな作品を選ぶかは俳優の個性だ。ヒョンビンが出演したすべての作品は視聴率的に成功作もあれば、そうでないものもあるが、彼が特別な存在感を放っていたのは事実だ。
それは、ヒョンビンの出演作を選択する視点が間違っていないことを証明している。
ヒョンビンの周囲の人々は彼を「まっすぐ生きている人」と評価する。
それは、人間ヒョンビンとしても、俳優ヒョンビンとしても同様だ。
彼が俳優としてどれほど生き方に集中しているかを物語る逸話がある。俳優という仕事は、大衆の人気に大きく左右されるだけに、得るものも多いが諦めなければならないものも多い、という話だ。




ヒョンビンがこう語る。
「同じ年頃の人たちと一緒に楽しめないことが多いのが残念です。あるとき、若者が多く集まる繁華街で撮影したことがあります。帽子やアクセサリーを売っている屋台などを見ながら、急にブラブラと歩きたくなりました。悩んだ後、車から降りて歩いてみましたが、誰も私を気にしていないのに、まるで裸で歩いているような気がしました。道を歩くにも勇気が必要だということを知りました」
(ページ2に続く)

韓流スターが自ら代表作を熱く語る3(ヒョンビン編)

ヒョンビンが兵役入りする後輩たちに贈る金言

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(前編)

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(中編)

東方神起ユンホとヒョンビンが双璧!兵役で株を上げたスター

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る