韓流スターが自ら代表作を熱く語る3(ヒョンビン編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ヒョンビンの最新作は映画『共助』。韓国で大ヒットしていて、ヒョンビンの演技も評判がいい。これが彼の代表作になる可能性があるが、現時点では評価がまだ未知数なので、今回はドラマ『私の名前はキム・サムスン』と映画『王の涙 イ・サンの決断』を取り上げた。

『王の涙 イ・サンの決断』で正祖(チョンジョ)を演じたヒョンビン

『王の涙 イ・サンの決断』で正祖(チョンジョ)を演じたヒョンビン

恩人はキム・ソナ

ヒョンビンの出世作といえば、もちろん『私の名前はキム・サムスン』(2005年)である。
このドラマの中で、ヒョンビンが演じた財閥の御曹司が、済州島(チェジュド)の漢拏山(ハルラサン)を登るキム・サムスンを追いかけていく場面がとても印象深かった。




「実は、そのシーンを撮影する日に朝の5時まで撮影をしていました。その後、空港に行き済州島に到着すると、すぐ山に登りました。山に登る時間だけでも4時間かかり、降りてくるころには日が暮れる時間になっていました。また、その日は寒くて雨まで降っていて、セットしたヘアスタイルもボサボサになってしまいました。でも、この作品がきっかけとなって順調に活動することができました。そのような機会を作ってくれた恩人がキム・ソナさんです。私にとって彼女は先輩であり、良いお姉さんです。本当にやさしい方です」
ヒョンビンはこう語って、キム・ソナに対する感謝を強調していた。(ページ2に続く)

韓流スターが自ら代表作を熱く語る1〔大ヒット時代劇編〕

韓流スターが自ら代表作を熱く語る2「チャン・グンソク編」

ヒョンビンが兵役入りする後輩たちに贈る金言

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る