日韓の二千年の歴史2/広開土王の時代

このエントリーをはてなブックマークに追加

百済からの寄贈

刀の表と裏には「刀を帯びる者は百の兵を撃退して、王になるほどの霊力を得られる」という文字が刻まれている。
1つの刀で何人もの敵を一度に撃退できる、という意味を込めて、刀身が複雑に枝分かれしているのだろう。
寄贈年の「372」が重要である。
その前年、百済は高句麗への総攻撃を成功させている。それまで軍事的に高句麗に圧迫され続けてきたのに、ようやく形勢を逆転できたのだ。
高揚感に酔った近肖古王は、中国大陸の東晋に使者を派遣して、高句麗に対して軍事的な優位に立ったことを報告している。




その際に、百済は東晋から国家として承認された。
「西の大国のお墨付きを得た。今度は東に目配せをしておこう」
近肖古王はそう考えたかもしれない。
彼は日本に使者を送って、「百済が高句麗を蹴散らして東晋と深い関係を持ったこと」を伝えた。
その際、百済の武力を示すために贈ったのが七支刀だった(現在は奈良県天理市の石上〔いそのかみ〕神宮の社宝となっている)。
まだ見ぬ未知の文物がおびただしく多かった時代である。奇妙な形の刀を贈られたヤマト政権は、百済に対する神秘性を膨らませたかもしれない。この時代は、「神秘性」こそが相手を畏怖する根拠になったと思われる。
(ページ3に続く)

日韓の二千年の歴史3/仏教伝来

韓国はなぜ日本の植民地になったのか(前編)

韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(前編)

韓国はなぜ分断国家になったのか

日本のコリアを行く(埼玉・高麗編1)

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る