韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

1910年8月22日、日本と大韓帝国の間で「日韓併合ニ関スル条約」が調印されました。この条約は8月29日に公布され、同時に、518年続いた朝鮮王朝が滅亡しました。朝鮮半島に朝鮮総督府が置かれるようになり、日本の植民地統治が始まりました。

200-4

朝鮮総督となる人物は?

日本による朝鮮半島支配の総本山が朝鮮総督府です。この強大な役所は天皇に直属し、内閣からも独立した組織となっていました。そして、立法・行政・軍事の権力を握って、朝鮮半島の命運を左右したのです。
一言で言えば、日本による朝鮮半島支配の根本は「軍事統治」ということでした。朝鮮総督に就任する人物が現役の陸海軍大将であったことも、武官専制を表していました。
初代総督に選ばれたのは、日本の陸軍大臣との兼務になった寺内正毅です。彼は当初から朝鮮半島において強圧的な軍政を行ないました。言論・集会・結社の自由が完全に奪われましたが、朝鮮半島の人々は服従するしかありませんでした。




さらに、1911年には朝鮮教育令が公布されて、日本語による臣民教育が全土で開始されました。
また、日本と朝鮮半島の一体化を進める象徴として、滅亡した朝鮮王朝の旧王家の人々が利用されました。
たとえば、朝鮮王朝26代王・高宗(コジョン)の四男の李垠(イ・ウン)は留学という形で日本に在住しましたが、実際には人質も同然でした。彼は1920年に梨本宮の方子(まさこ)妃と正式に夫婦になりましたが、日本と朝鮮半島の融合を内外に示すための政略的な結婚という側面もありました。(ページ2に続く)

韓国はなぜ日本の植民地になったのか(前編)

なぜ国民はあれほど怒ったのか/韓国の今を考える5

6・29民主化宣言から30年!韓国を劇的に変えた市民革命(前編)

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の共通性を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る