日本のコリアを行く(埼玉・高麗編1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝鮮半島の習俗を再現した魔よけの塔

朝鮮半島の習俗を再現した魔よけの塔

魔よけの塔「天下大将軍」

東京・池袋から西武池袋線の電車に乗り、秩父方面へ行くと、埼玉県の飯能駅を過ぎて二つ目に高麗(こま)駅がある。周囲は丘陵地帯で、鬱蒼とした緑が目に優しく映る。

この高麗駅が他の周辺の駅と違うのは、駅前広場の真ん中に見慣れない二つの塔が立っていることだ。

二つとも真っ赤に塗られていて、向かって右側の塔には「天下大将軍」と勇ましく書かれてあり、向かって左側の塔には「地下女将軍」と記されている。さらに、それぞれの塔の一番上には魔よけに使われるような人形顔が付けられている。対になっているこの塔こそ、朝鮮半島の風習を濃厚に感じさせるものである。




案内板には、次のような紹介があった。

「将軍標(チャンスン)は朝鮮半島に古くから伝わる習俗です。胴に記された『天下』『地下』の文字は目に見える世界から目に見えない世界まで、すべてを守る事をあらわし、村の入り口で魔を威嚇し、その侵入を防ぐことから、人々は魔よけ、災害防除、家内安全を祈願してきました。高麗地域の歴史、文化、観光の活性化を図るために、高麗駅前広場に将軍標を再建しました」

しばらく、将軍標を眺めてみる。筆者も、韓国の地方で何度かこの将軍標を見たことがあるが、大きさといい出来ばえといい高麗駅前のものが出色である。(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る