絶対に読みたい『春香伝(チュニャンジョン)』!韓国の国民的な伝承物語

このエントリーをはてなブックマークに追加

悪徳知事の魔の手

数カ月が経ち、卞学道〔ピョン・ハクト)という男が新たな知事として赴任してきた。彼は順調に出世するほど抜け目がない男だが、始末の悪い女たらしだった。
春香の美貌を知った彼は、彼女を自分の前に連れてくるように命令を下す。周囲の部下たちは春香が貞節を守っていることを知っていたために、それを止めようとするのだが、学道は聞く耳を持たなかった。




部下たちは春香を可哀そうに思いながらも、逆らえば処罰されるために、泣く泣く彼女を説得しようとした。それでも春香は拒否したのだが、最後は周囲に気をつかって学道の前に出た。
噂以上の美貌をもつ春香を見た学道は、すぐに彼女に迫った。しかし、春香は「自分には一生を捧げた人がいる」と拒否した。
すると学道は、「男はお前を捨てた。貞操を守っても意味がない」と一蹴する。それでも、春香は断固として初志を貫徹した。
学道は怒り、春香をつかまえてムチ打ちの刑に処した。拷問を受けながらも春香は、決して信念を曲げなかった。
そのとき、夢龍は何をしていたのか。
大事な春香が危機に瀕していたのに……。
(ページ3に続く)

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る