絶対に読みたい『春香伝(チュニャンジョン)』!韓国の国民的な伝承物語

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『春香伝(チュニャンジョン)』は韓国で最も有名な伝承物語で、過去に何度も映画やドラマになっている。とにかく、胸がすくような勧善懲悪ストーリーで、庶民がこの物語を心から愛したのもよくわかる。実際にどんな話なのかを具体的に見てみよう。




身分を越えた愛

舞台は17世紀後半だ。
全羅道(チョルラド/朝鮮半島西南部の地域)で暮らしていた月梅(ウォルメ)は、かつて妓生(キセン)だった。その彼女がかわいい娘を産んだ。それが春香(チュニャン)だった。
春香は母に愛されながら美しく育ち16歳になった。
そんな彼女に一目惚れした李夢龍(イ・モンニョン)は、全羅道知事の息子という名家の出身で、使いを出して春香を呼び出した。
しかし、春香は毅然としていた。
「私は妓生ではありません。たとえ、えらいお方のご子息でも応じられません」
こう言われても、夢龍はあきらめきれなかった。
話を聞いた母の月梅は、神のお告げだと感じた。なぜなら、月梅は夢の中で立派な龍に出会ったことがあり、「夢龍」という名前に運命を感じたからだ。
母に催促させられて夢龍に会った春香は、即座にプロポーズされる。しかし、身分の違いを実感していた彼女は、「自分は貧しい家の者で家柄がつりあわない」と断る。だが、夢龍はますます春香に惚れ、「妻にしたい」と何度も頭を下げた。
彼の誠意に折れた春香。夢龍と幸せな時間を過ごすが、その時間は短かった。夢龍の父が都に栄転することになったのだ。




夢龍は春香を連れて一緒に都に行こうとするが、身分の違いを理由に家族が猛反対。結局、夢龍は断腸の思いで春香を置いて旅立っていく。春香も涙を流し、悲しい別れにからだを震わせた。
(ページ2に続く)

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る