年末に誰もが実感するのが「2018年はBTSの年!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

勢いは止まらない

BTSは10月に韓国の文化勲章の花冠(ファグァン)を受章した。
韓国の文化勲章は1等級から5等級まで5種類があり、それぞれ金冠(クムグァン)、銀冠(ウングァン)、宝冠(ポグァン)、玉冠(オックァン)、花冠(ファグァン)と命名されている。花冠は5等級に値するが、他の等級と価値は同じであり、若くして多大な文化的功績を挙げた場合に花冠を授与される。まさに、BTSはこの花冠にふさわしい活躍ぶりだった。




11月にはBTSが世界の19都市を回った2017年のワールドツアーに密着したドキュメンタリー映画『Burn the Stage : the Movie』も公開された。彼らの生き生きとしたステージとオフがアクティブな映像となり、ファンの喝采を浴びた。
同時期に、日本では「原爆Tシャツ」の問題も起こったが、その騒動を乗り越えて、彼らのワールドワイドな人気はさらに加速した。
そして12月。BTSは各種の音楽祭で受賞ラッシュとなり、1年を振り返るランキングでも上位に名を連ねた。まさに記録づくめの年末となった。
しかし、彼らの勢いは止まらない。
2018年から2019年へ。BTSはさらに飛躍していく。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

BTS(防弾少年団)が世界8位!ビルボードが高く評価する理由とは?

BTS(防弾少年団)の『Burn the Stage : the Movie』を見てこう思った!

防弾少年団(BTS)が受章した文化勲章の花冠とは何か

世界が防弾少年団(BTS)を待っている!もちろん日本も!

防弾少年団(BTS)!「韓国の夢」を最高の形で実現

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る