防弾少年団(BTS)!「韓国の夢」を最高の形で実現

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

防弾少年団(BTS)の世界的な人気が上昇する一方だ。アメリカの「ビルボード200」で、最新アルバム『LOVE YOURSELF 轉‘Tear’』(「轉」は「転」の旧字体。韓国では今も「轉」が使われている)が1位を獲得。その防弾少年団の欧米公演のチケットも爆発的な人気を集めている。

合計で28万枚

防弾少年団は、今年の下半期に大々的なワールドツアーを計画している。
それは、8月25日、26日の両日にソウル・オリンピック主競技場での公演からスタートする。
全体ではアメリカがニューヨークやロサンゼルスなど5都市、カナダのハミルトン、ヨーロッパでは、ロンドン、アムステルダム、ベルリン、パリといった大都市を次々にめぐっていく。




合計10都市で、公演は21回予定されている。
このチケットは順次発売されたのだが、大変な人気で北米の公演分の18万枚とヨーロッパの公演分の10万枚が完売した。
まさに、世界的な人気が証明されたといえるだろう。(ページ2に続く)

BTS(防弾少年団)の『Burn the Stage : the Movie』を見てこう思った!

世界が防弾少年団(BTS)を待っている!もちろん日本も!

「防弾少年団(BTS)に兵役免除を!」という論議が深まるか

防弾少年団(BTS)の快挙!全米1位はどれだけ凄いのか

防弾少年団の見事な戦略性と適応力!「ズッコケ」も満点

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る