年末に誰もが実感するのが「2018年はBTSの年!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

年の瀬になると1年を回顧するイベントが多くなるが、2018年を改めて振り返ったときにしみじみと実感するのは、BTS(防弾少年団)の活躍が凄かったということだ。まさしく、2018年は世界がBTSを熱狂的に迎えた。




2作品連続で「ビルボード200」の1位!

2018年5月27日(現地時間)、アメリカのビルボードはBTSのアルバム『LOVE YOURSELF轉‘Tear’』が、「ビルボード200」の1位を獲得したと発表した。
この「ビルボード200」はアルバムの売り上げ、トラック別の売り上げ、ストリーミング回数などを総合させたランキング。その1位は、アメリカで最も人気のアルバムだと証明するものだ。
この快挙に韓国は大興奮に陥った。
文在寅(ムン・ジェイン)大統領もツイッターを通して「世界中の若者たちがBTSの歌と踊り、夢と熱情に安らぎを得て、勇気をもらいました」とコメント。BTSは一気に「韓国の誇り」となった。




2018年の下半期には大々的なワールドツアーを実施。日本を含めて世界中の主要都市をまわって白熱のライブを展開した。各地のチケットはすぐに完売となり、世界的な人気が証明された。
さらには、2作品連続で「ビルボード200」の1位を獲得。この快挙はBTSが総合力が高いアーティストであることを印象づけた。
(ページ2に続く)

BTS(防弾少年団)が世界8位!ビルボードが高く評価する理由とは?

BTS(防弾少年団)の『Burn the Stage : the Movie』を見てこう思った!

防弾少年団(BTS)が受章した文化勲章の花冠とは何か

世界が防弾少年団(BTS)を待っている!もちろん日本も!

防弾少年団(BTS)!「韓国の夢」を最高の形で実現

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る