鬼のような文定(ムンジョン)王后/朝鮮王朝人物実録6

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

[文宗(ムンジョン)王后の人物データ]

文定王后の生没年/1501~1565年
文定王后が王妃になった年/1517年
文定王后の夫/11代王・中宗(チュンジョン)
文定王后の息子/13代王・明宗(ミョンジョン)

写真=植村誠




焼け死ぬつもりの世子

中宗の三番目の正室が文定王后である。
彼女は中宗との間に何人もの娘を産んだが、なかなか息子に恵まれず、それが悩みの種だった。
1534年、王妃になって17年目にして彼女はようやく息子を産んだ。それが慶源(キョンウォン)大君だった。
「なんとしても、この子を王にしたい。しかし……」
文定王后が念願を叶えるのは難しかった。中宗の二番目の正室が産んだ世子(セジャ/国王の正式な後継者)がいたからだ。世子がいるかぎり、慶源大君が次の王になる可能性はなかった。
それでも、文定王后はあきらめなかった。彼女の手先が、世子の寝殿に火をつけた。世子を焼き殺そうとしたのである。




火事に気づいた世子は妻に先に逃げるように言い、自分はそのまま寝殿に座したままだった。
「早くお逃げにならないと焼け死にます!」
妻が絶叫しても、世子は動かなかった。彼はこのまま焼け死ぬつもりだったのだ。
(ページ2に続く)

中宗(チュンジョン)は不本意な王だった/朝鮮王朝人物実録2

文定王后とは誰なのか?『オクニョ 運命の女(ひと)』の登場人物(前編)

『オクニョ』に登場!明宗(ミョンジョン)を早死にさせた文定(ムンジョン)王后

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(明宗〔ミョンジョン〕編)

『オクニョ』で見苦しい悪女として登場する鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る