『オクニョ』で見苦しい悪女として登場する鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

NHK総合テレビで日曜日の夜に放送されている『オクニョ 運命の女(ひと)』。その中で、悪女ぶりを存分に見せているのが鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)だ。朝鮮王朝三大悪女の1人に数えられている鄭蘭貞とは、実際にどういう女性だったのか。

鄭蘭貞について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著/実業之日本社発行)

文定王后の手先

奴婢(ぬひ)だった母から生まれた鄭蘭貞は、貧しさから脱するために妓生(キセン)となった。
そこで見つけた男性が尹元衡(ユン・ウォニョン)だった。
尹元衡は、11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室となった文定(ムンジョン)王后の弟である。
姉の威光を使って、能力がないのに彼は出世していた。
そんな男に気に入られた鄭蘭貞は、やがて文定王后の手先として悪行を一手に引き受けるようになった。
そんな鄭蘭貞が標的にしたのが敬嬪(キョンビン)・朴(パク)氏だ。彼女は中宗が寵愛する側室で、文定王后は気に入らない側室の排除を狙った。
そんな最中の1527年に起こったのが「灼鼠(しゃくそ)の変」だ。
それは、世子(セジャ)の屋敷の庭に、火であぶられたネズミの死体が木にくくられていた事件だった。




世子は子年の生まれだった。いわば、事件は世子を呪おうとしたものだった。
犯人探しが行なわれた結果、敬嬪・朴氏が犯人と断定された。それはすべて鄭蘭貞が仕組んだ罠だったのだが……。
(ページ2に続く)

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!女帝の手先として暗躍した悪女

文定王后とは誰なのか?『オクニョ 運命の女(ひと)』の登場人物(前編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(尹元衡〔ユン・ウォニョン〕編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(12代王・仁宗編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(明宗〔ミョンジョン〕編)

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る