中宗(チュンジョン)は不本意な王だった/朝鮮王朝人物実録2

このエントリーをはてなブックマークに追加

[中宗(チュンジョン)の人物データ]

中宗の生没年/1488~1544年
中宗の在位期間/1506~1544年
中宗の父/9代王・成宗(ソンジョン)
中宗の母/貞顕(チョンヒョン)王后

写真=植村誠




政変が起こった

中宗(チュンジョン)は、王子の時代に晋城大君(チンソンデグン)と呼ばれていた。
暴君として有名な燕山君(ヨンサングン)の異母弟であり、本人は「とうてい王になれるわけがない」と思い込んでいた。それだけに、王子としてのんびりした生活を送っていた。ただし、燕山君によくいじめられていたので、その点では苦しい思いをしていたのは間違いない。
彼の人生が劇的に変わったのは1506年だ。
あまりにひどい政治を続けていた燕山君が、家臣たちによってクーデターで王宮を追われることになった。
クーデター軍は大義名分として「燕山君の統治があまりにもひどいので、正しい政治に戻したい」ということを強調したが、代わりの王を擁立(ようりつ)する必要があった。




白羽の矢が立ったのが晋城大君である。
クーデター軍は晋城大君の屋敷に行って、「次の王になってください」と願い出たのだが、晋城大君はすぐに断った。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(11代王・中宗編)

燕山君(ヨンサングン)廃位のとき中宗(チュンジョン)と端敬(タンギョン)王后は?

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后を物語る赤いチマ岩の伝説とは?

『七日の王妃』主人公の端敬(タンギョン)王后!離縁後の人生は?

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る