燕山君(ヨンサングン)廃位のとき中宗(チュンジョン)と端敬(タンギョン)王后は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

端敬王后について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著/実業之日本社発行)

息子の即位に反対した母

高官たちは、大妃(テビ/王の母)のもとに向かった。このときの大妃は貞顕(チョンヒョン)王后で、彼女は燕山君の継母であった。
彼女は1488年に成宗(ソンジョン/燕山君の父)の息子を産んでいる。それが晋城大君だ。燕山君から見れば12歳下の異母弟ということになる。
その晋城大君が王に推挙されたと聞いて、貞顕王后は難色を示した。我が子がクーデターによって面倒なことに巻き込まれるのを心配したのだ。




「あんな小さな子がどうやって重責を全うできるのか。もう少し成長してから、代を継ぐことを考えたほうがよいのではないか」
このとき、晋城大君は18歳だった。その若さを貞顕王后が憂慮したのである。しかし、クーデター派は重ねて説得し、とうとう貞顕王后が折れた。
「国の趨勢(すうせい)がこうなってしまったからには、また新しく始めることがよかろう。その通りにするがいい」
貞顕王后の許可を得て、高官たちは晋城大君を説得した。
しかし、彼は相変わらず拒絶した。
「朝廷のためにも、このような行動を起こすことは当然だが、私は実に不徳が多い人間だ。私に務まるとは、どうしても思えない」
高官たちは辛抱強く説得を続けた。
(ページ3に続く)

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后を物語る赤いチマ岩の伝説とは?

話題作『7日の王妃』の歴史背景が面白い

『七日の王妃』主人公の端敬(タンギョン)王后!離縁後の人生は?

『7日の王妃』の燕山君(ヨンサングン)と晋城(チンソン)大君の関係は?

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る