『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国で数々の重要な賞を獲得したドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』。脚本が本当に良かったが、同時にコン・ユの演技がすばらしかったことで傑作の仲間入りを果たした。実際、コン・ユは主人公のキム・シンを縦横無尽に演じ分けた。その多様なキャラクターを分析してみれば?

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




特異な人物を演じる

私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)がコン・ユの演技を初めて見たのは、韓国で2003年に放送されたドラマ『スクリーン』だった。
このとき、コン・ユは人のいい青年を演じていた。
ドラマ『スクリーン』というと、新人のキム・テヒがいきなり主役で登場した作品。キム・テヒの話題が先行していたが、コン・ユの演技も印象的だった。
特別に個性的な役を演じていたわけではなかったが、俳優としての勘の良さを感じさせて好感が持てた。
あれから10数年。コン・ユは数々のヒット作に主演してトップ俳優として独特の存在感を放っている。今回の『トッケビ』にしても、コン・ユなくしてはありえない企画だったことだろう。
そのコン・ユは、『トッケビ』でキム・シンという特異な人物に扮している。




900年前の高麗の将軍であったキム・シンは、王に裏切られてから命を落としたが、剣が胸に刺さったまま死にきれないで現世までさまよい続けている。
キム・シンは、自分の胸に刺さった剣が見える女性を探して、それを抜いてもらえば安らぎの世界に行ける。
しかし、まだそういう女性に会えなかったので苦しみ続けていた。
そんな不思議な設定のキム・シン。俳優のコン・ユが演じるこの役は、3つのキャラクターに分かれていると思える。
その3つとは?
キャラクターの1つ目。
まずは、ウンタク(キム・ゴウン)の前で冷たい素振りを見せるキム・シンだ。
高校生で不幸な身の上のウンタクを、キム・シンは彼女こそが自分を安らぎの世界に送ってくれる女性だと思ったのだが、そうでないことを悟ってからは冷たく当たるようになる。




それでも、天真爛漫なウンタクの人間性に触れていく中で、キム・シンの心の中に変化が起こってくる。
それにしても、2人は常に対照的な表情を見せる。キム・シンはウンタクに対してそっけない。
しかし、ウンタクはキム・シンを「自分の願いを叶えてくれる男」と思い込んで何かと言い寄ってくる。
そういう歯車が合わない2人の関係を演じるコン・ユは、冷静沈着で理知的だ。
何よりも彼は、感情をグッと抑えた演技を見せている。それによって、キム・シンの切なさがさらに強調されているのだ。このあたりの余韻が残るコン・ユの演技は格別だ。
続いて、キャラクターの2つ目とは?
(ページ2に続く)

深遠な世界に生きるコン・ユこそが「トッケビ」そのものでは?

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

コン・ユ主演の『トッケビ』は魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

『トッケビ』のコン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る