『七日の王妃』主人公の端敬(タンギョン)王后!離縁後の人生は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国時代劇の『七日の王妃』が面白い。なんといっても、キャスティングがいい。11代王・中宗(チュンジョン)の最初の正室だった端敬(タンギョン)王后をパク・ミニョンが演じている。中宗はヨン・ウジン、そして、中宗の異母兄だった10代王・燕山君(ヨンサングン)はイ・ドンゴンが扮している。この3人は歴史的には、どういう関係だったのか。まず、端敬王后の人物像を見てみよう。

生没年/1487~1557年
夫/11代王・中宗(チュンジョン)
子供/いなかった
父親/慎守勤(シン・スグン:燕山君の側近)

仰天な要求

史上最悪の暴君だった燕山君は、1506年にクーデターで王宮を追放されている。その燕山君に代わって王になったのが異母弟の中宗だった。それにともなって、中宗の最愛の妻だった端敬王后は、朝鮮王朝の「国母」とも称された王妃になった。
しかし、王妃の座にあったのは、わずか7日間だった。それがドラマのタイトルになっているわけだが、なぜ7日間だけだったのか。
原因を作ってしまったのは中宗であった。
それは何なのか。




実は、クーデターを成功させた高官たちは、中宗に仰天な要求を突きつけてきた。
「妻と離縁してほしい」
とんでもない要求だ。
もちろん、中宗はきっぱり断れば良かった。絶対権力者の国王なのだから……。
しかし、彼にはできない事情があった。
(ページ2に続く)

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后と中宗(チュンジョン)の「別れる理由」とは?

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はなぜ復位できなかったのか

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はどんな女性だったのか

チマ岩の伝説のヒロイン端敬(タンギョン)王后!朝鮮王朝王妃側室物語9

『七日の王妃』歴史解説!燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)と端敬(タンギョン)王后の運命

中宗(チュンジョン)が離縁した端敬(タンギョン)王后の悲しき人生!

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る