話題作『7日の王妃』の歴史背景が面白い

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ドラマ『7日の王妃』のタイトルが謎めいている。『7日の王妃』とはどういう意味なのか。それは、11代王・中宗(チュンジョン)の最初の正室だった端敬(タンギョン)王后をさしている。果たして、彼女の身に何があったのか(『七日の王妃』については、韓国時代劇の史実とフィクションの違いを解説した康熙奉〔カン・ヒボン〕著・実業之日本社発行の『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』で紹介しています)。

『7日の王妃』で燕山君(ヨンサングン)に扮するイ・ドンゴン(写真=韓国KBS公式サイト)

『7日の王妃』で燕山君(ヨンサングン)に扮するイ・ドンゴン(写真=韓国KBS公式サイト)




魅力的なキャスティング

『7日の王妃』はキャストが注目のマトだ。
『トキメキ☆成均館スキャンダル』で男装のヒロインを演じたパク・ミニョンが端敬王后を演じる。
彼女の夫だった中宗を演じるのがヨン・ウジン。そして、中宗の異母兄だった10代王・燕山君(ヨンサングン)に扮するのがイ・ドンゴンである。




この3人が、歴史上で名高い数々の大事件をどのように演じていくのか。本当に興味がつきない。
このドラマをもっと面白く見るために、『7日の王妃』で描かれた時代にスポットを当ててみよう。(ページ2に続く)

『七日の王妃』主人公の端敬(タンギョン)王后!離縁後の人生は?

『7日の王妃』の燕山君(ヨンサングン)と晋城(チンソン)大君の関係は?

張緑水(チャン・ノクス)!朝鮮王朝三大悪女の浪費ざんまい

https://goo.gl/X7HTwv

鄭蘭貞(チョンナンジョン)!「朝鮮王朝三大悪女」の悪行

https://goo.gl/57YFpx

文定(ムンジョン)王后!悪名高き王妃

https://goo.gl/92ZQtu

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る