『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后を物語る赤いチマ岩の伝説とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

『七日の王妃』について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著/実業之日本社発行)

父親の命を奪われた王妃

高官たちにしてみれば、晋城大君の承諾を得られないと、クーデターの成功はない。彼らは必死に説得し、最後にようやく晋城大君は王になる決定をした。
こうして彼は11代王・中宗(チュンジョン)として即位した。
同時に、彼の妻は端敬(タンギョン)王后になった。




一方、王宮を追われた燕山君は島流しとなり、わずか2カ月で絶命してしまう。あまりにあっけない死。果たして何があったのか。
一応は病死と伝えられているが……。
中宗は、周囲にかつがれて王になったので、クーデターを成功させた高官たちに頭があがらなかった。
いわば、自立性がない王だった。すると、高官たちは中宗に対して「王妃を離縁してほしい」と迫った。
理由は、端敬王后が燕山君の妻の姪であり、父親も燕山君の側近だったからだ。その父親はクーデターが起きたときに真っ先に殺されている。
もし、端敬王后が恨みを持って新しい政権に反旗をひるがえしたら……。
そのことを高官たちは恐れて、中宗に王妃との離縁を要求したのだ。
(ページ3に続く)

話題作『7日の王妃』の歴史背景が面白い

『七日の王妃』主人公の端敬(タンギョン)王后!離縁後の人生は?

『7日の王妃』の燕山君(ヨンサングン)と晋城(チンソン)大君の関係は?

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る