防弾少年団(BTS)が受章した文化勲章の花冠とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

等級は功績のランクではない

実際、年上を敬う儒教精神が根強く残る韓国では、同じ文化勲章を授与するにしても、年長者と若年層の階級に違いを設けることで、年長受章者に対する配慮としている。
文化勲章を管轄する政府関係者も次のように説明している。




「文化勲章は5つの等級に分かれていますが、それぞれの等級に特別な意味はありません。通常、文化勲章は一生涯の功績を基準に選ばれますが、若くして大きな功績を打ち立てる人がいるのも事実です。そこで、年齢を考慮して、5つの等級に振り分けているのが実情なのです」
「くれぐれも強調したいのですが、等級は功績のランクを表すものではありません。受章者はみんな平等に評価されていると考えてほしいですね」
芸能界で文化勲章を受章する人は少ないのだが、まだ20代前半の若者たちが対象になるというのは本当に異例。それほど防弾少年団の活躍が韓国でも特別に評価されているということなのだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

康熙奉(カン・ヒボン)著『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(実業之日本社発行)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化や韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

BTS(防弾少年団)の『Burn the Stage : the Movie』を見てこう思った!

世界が防弾少年団(BTS)を待っている!もちろん日本も!

防弾少年団(BTS)の快挙!全米1位はどれだけ凄いのか

防弾少年団の見事な戦略性と適応力!「ズッコケ」も満点

防弾少年団が世界で人気を博す5つの理由

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る