防弾少年団の見事な戦略性と適応力!「ズッコケ」も満点

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

防弾少年団が、お笑いの拠点とも言える吉本新喜劇に出たのには本当に驚いた。彼らは様々なシチュエーションですばらしい適応力を見せているが、あれほど「ズッコケ」を見事にこなすとは、まさに「ステージの申し子」と言える。

 

正真正銘の笑いの殿堂

その発想がすばらしい。
何のことかというと、6月2日に大阪の「なんばグランド花月」の吉本新喜劇に出演したことだ。
JAPANツアー中の彼らが、朝のワイドショーに出るというのは十分に想定内だし、その土地の観光名所に繰り出すというのも、よくあるパターンだろう。




しかし、「なんばグランド花月」には意表をつかれた。
そこに出ていってウケるためには、相当な芸がないと難しいのだが、防弾少年団は果敢に舞台に上がってきた。
まずは、その戦略性に拍手だ。正真正銘の笑いの殿堂に乗り込んでいく気構えがすばらしい。(ページ2に続く)

世界が防弾少年団(BTS)を待っている!もちろん日本も!

「防弾少年団(BTS)に兵役免除を!」という論議が深まるか

防弾少年団(BTS)!「韓国の夢」を最高の形で実現

防弾少年団(BTS)の快挙!全米1位はどれだけ凄いのか

防弾少年団が世界で人気を博す5つの理由

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る