防弾少年団(BTS)の快挙!全米1位はどれだけ凄いのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

5月27日(現地時間)にアメリカのビルボードが発表したニュースによって、韓国では大騒ぎになった。それは、防弾少年団(BTS)の最新アルバムである『LOVE YOURSELF 轉‘Tear’』(「轉」は「転」の旧字体。韓国では今も「轉」が使われている)が、「ビルボード200」の1位を獲得したというニュースだった。

2006年以降では初めて

ショービジネスの本場「アメリカ」。
ここで成功することがどれだけ大変なのか。そのことは、音楽に携わっている人ならば誰もがよく知っていることだろう。
そんなアメリカにおいて、「ビルボード」は、音楽ランキングの権威。そのランキングで1位を確保するというのは最大の栄誉なのだが、それを防弾少年団がやってのけた。




彼らが1位を取った「ビルボード200」というのは、アルバムの売り上げ、トラック別の売り上げ、ストリーミング回数などを総合させたランキングで、アメリカで最も人気のあるアルバムを順位付けしたものだ。
今回の防弾少年団の快挙が本当に凄いのは、英語でないアルバムがランキング1位になったということだ。
それは、2006年以降では初めてのことである。(ページ2に続く)

世界が防弾少年団(BTS)を待っている!もちろん日本も!

「防弾少年団(BTS)に兵役免除を!」という論議が深まるか

防弾少年団(BTS)!「韓国の夢」を最高の形で実現

防弾少年団の見事な戦略性と適応力!「ズッコケ」も満点

防弾少年団が世界で人気を博す5つの理由

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る