鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!女帝の手先として暗躍した悪女

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「朝鮮王朝三大悪女」の1人と言われる鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)〔?~1565年〕は、幼い頃に貧しい家に見切りをつけて奴生(キセン)になった。彼女の優れた容姿は尹元衝(ユン・ウォニョン)の目にとまり彼の妾となった。




文定王后と結託した鄭蘭貞

この尹元衝という男は11代王・中宗(チュンジョン)の正室である文定(ムンジョン)王后の実弟である。
尹元衝にはすでに正妻がいた。しかし、この正妻は鄭蘭貞の策略により家を追い出された後に毒殺された。
文定王后の後ろ盾を得た尹元衡は着々と出世していき、鄭蘭貞の立場も強まっていった。
しかし、当時の情勢では奴婢出身の彼女が、尹元衝の正妻になることは難しかった。すると、文定王后と結託して法律すら変えてしまった。
鄭蘭貞の行き過ぎた行為は、「王后に取り入った妖女」「儒教的な身分制度を覆す毒婦」と言われた。




しかし、文定王后の死後は後ろ盾を失う形となり、地位を剥奪された後に鄭蘭貞は自らの命を絶った。
彼女は最後まで自分の罪を認めなかった。妻が死ぬと、夫の尹元衡も彼女の墓の前で自決した。なんとも憐れな夫婦であった。

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

鄭蘭貞(チョンナンジョン)の人生は悪に染まっていた

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

性悪の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)/朝鮮王朝悪女列伝4

史上最悪の夫婦!鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)と尹元衡(ユン・ウォニョン)

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る