実態!酒でつまずく韓国の芸能人

このエントリーをはてなブックマークに追加

アルコール度数が強い酒を好む

特に家族意識が強い韓国では、芸能人の身内が所属事務所を仕切っていたりする場合も多い。そうなると、さらに管理が甘くなってしまい、酒にまつわるトラブルが起きてしまうのだ。
改めて、韓国でも所属事務所の組織的な管理という面に目を向けなければならないだろう。
もう1つの問題は、アルコール度数が強い酒を好む生活習慣だ。
韓国で一番飲まれている酒は焼酎だが、アルコール度数が20度前後の酒をストレートで飲むのが一般的だ。




しかも、会食を好む韓国人は、グループで酒席を賑やかにする。その際、同席者に酒を勧められたときは、カップの酒をすべて飲み干して相手からの酒を受けるという習慣がある。つまり、注ぎ足しはしないのだ。
なぜならば、法事のときに死者に対して酒を注ぎ足すという儀式があるので、生きている人たちは注ぎ足しを好まない。そういうこともあって、基本的にグラスを飲み干して新たに勧められた杯を受ける。
しかも、度数が高い焼酎をストレートで飲んでいる。これだと、酔いが早くなる。(ページ3に続く)

韓国ではお高くとまっていたらスターになれない!

少女時代の問題は韓国の何を物語っているか

そこまでやるのか!韓国の女優魂

韓国芸能界ウォッチング【気になるスターの学歴事情】

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る