長女誕生で2児の父となったペ・ヨンジュンの家族愛は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の存在理由

ペ・ヨンジュンが自らこう説明した。
「本当に家族の方たちの温かい愛、変わらない愛があるから私は今も存在できるのだと思います」
「私が生きていく人生の理由や存在価値など、多くのものを家族の方たちからいただいています」
このように、彼の口から発せられた言葉は今も生きている。




ファンを家族だと思い続けてきたペ・ヨンジュンは、実生活でも良き伴侶と子供たちに恵まれた。
彼が自分の家族に寄せる思いは特別だ。それを知ればこそ、ファンを家族と呼んできた意味がさらに重要になってくる。
2人の子供を授かって、ペ・ヨンジュンは本当の「家族愛」を通して自分の存在理由を明確に知るようになったことだろう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

父親になったペ・ヨンジュンの今後は?

ペ・ヨンジュンが示す「子供への無限の愛」

ドラマがもっと面白くなる撮影エピソード1『冬のソナタ』編

平昌(ピョンチャン)は冬ソナの名場面の宝庫!

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る