平昌(ピョンチャン)は冬ソナの名場面の宝庫!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『冬のソナタ』の第1回がNHK・BSで放送されたのが2003年4月。その放送開始を韓流ブームの先駆けとすると、今年で日本の韓流も15年になる。改めて記念碑的な傑作にスポットを当ててみたい。

五輪では回転と大回転の舞台

『冬のソナタ』がいつまでも心に残るのは、美しい風景を背景とした名場面と名セリフが多かったからだ。韓国各地をめぐったチュンサンとユジンの思いが見る人の心に伝わり、いつまでも色褪せない。
その中でも、平昌(ピョンチャン)にある龍平(ヨンピョン)リゾートは重要なロケ地だった。その開発事業でミニョン(チュンサン)とユジンが一緒に仕事をするようになって物語が大きく動いていったからだ。




龍平リゾートは2018年平昌オリンピックで会場の1つになった。「ドラゴンバレー」と称されるスキー場で男女の回転と大回転が実施されたのだ。
「まさかオリンピックの大舞台になろうとは」
15年前には想像もできなかったことだが、現実はとてもドラマチックだ。
そんな変化に驚きながら、心は追憶に向かっている。龍平リゾートで撮影された『冬のソナタ』の名場面を思い出しながら……。(ページ2に続く)

『冬のソナタ』を撮影した龍平(ヨンピョン)リゾートで平昌五輪開催!

感慨深い!『冬ソナ』のロケ地で五輪が開かれる

平昌五輪は韓国の地方文化を知る絶好の機会!

たとえ五輪でも生観戦にこだわらないのが韓国人気質!

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る