ドラマがもっと面白くなる撮影エピソード1『冬のソナタ』編

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

連日、多くのドラマが放送される韓国において、その撮影スケジュールは過酷の一言。俳優・スタッフたちは全身全霊を込めて作品に臨んでいる。それだけに、作品の数だけ撮影現場にも多くの物語がある。そんな秘蔵の撮影エピソードを大公開。これを知れば、ドラマがもっと好きになる!

 

監督の熱意に天が答えた

 

still (27)

撮影当初は雪が降らずに苦労した

 

最初に取り上げるのは日本の韓流ブームの火付け役となった『冬のソナタ』。今も根強いファンが多い名作中の名作だ。

本作は、表題通り冬を描いたドラマであり、記憶に残る名シーンの数々には真っ白な雪の存在があった。雪が見せる儚げな美しさは、『冬のソナタ』を語るうえで外すことのできない要素だ。しかし、実際の撮影現場では雪がまったく降らないで、ピンチになったこともあった。当時の様子を見てみよう。

『冬のソナタ』の韓国での初回放送日は2002年1月14日。12月12日には南怡島(ナミソム)で初めての撮影が行なわれたのだが、肝心の雪がまったく降らなかった。




ユン・ソクホ監督は、「雪が降る北海道まで行って撮影するべきだ」と主張したが、余裕のない制作スケジュールの前に、その考えは断念せざるをえなかった。

意を決したユン・ソクホ監督は、降雪シーンのないままに撮影を進める覚悟を決めるのだった。監督の無念は大きかったことだろう。

しかし、天は名作の誕生を見放さなかった。

いざ撮影が始まると予想を越えた大雪が降りだしたのだ。ユン・ソクホ監督の熱意が天候まで動かしたのかもしれない。

こうして、念願の降雪の中で撮影されたシーンが、チュンサンとユジンが雪の中で触れ合うタイトルバックである。

(次ページへ)

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る