チャン・グンソク主演『スイッチ』の序盤の視聴率は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

SBSの新しい水木ドラマ『スイッチ―世界を変えろ』は、チャン・グンソクが『テバク~運命の瞬間(とき)~』以来、2年ぶりに主演している連続ドラマだ。放送は3月28日からスタートしたが、その視聴率はどうだったのか。

同時間帯ドラマで1位

『スイッチ―世界を変えろ』は、チャン・グンソクの兵役入り前の最後の主演ドラマになるという意味でも、大いに注目されている。
このドラマでチャン・グンソクは、天才詐欺師のサ・ドチャン、検事のペク・ジュンスという2人の人物を同時に演じ分ける。彼にとっても、大変な意欲作だ。
そこで、気になるのが視聴率だ。




ニールセン・コリアの全国調査によると、3月28日に放送された『スイッチ―世界を変えろ』の第1話は7.0%で、第2話が7.9%となった。
そして、3月29日に放送された第3話は6.8%、第4話は7.6%だった。
10%の大台には乗っていないが、地上波の同時間帯ドラマでは堂々の1位を記録している。(ページ2に続く)

『テバク』はチャン・グンソクにどんな成果をもたらした?

歴史がわかれば『テバク』がもっと面白くなる

パク・ボゴムとジニョン!美しき好敵手物語

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る