『テバク』はチャン・グンソクにどんな成果をもたらした?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『テバク』の全24話の放送を終えて、チャン・グンソクは満足感があふれるコメントを発表している。もちろん、すべてに満足できたわけではなく、惜しいと思う部分もあったことだろう。それでも、『テバク』はチャン・グンソクにとって忘れられない作品になった。

写真=韓国SBS『テバク』公式サイトより

写真=韓国SBS『テバク』公式サイトより

『テバク』は多くのものを残した

週明けが急に寂しくなってしまった。

3月下旬からは、月曜日と火曜日に韓国で『テバク』の放送があり、このドラマを見ることが、いっときの習慣になっていた。

視聴率の結果にも一喜一憂し、週の前半は『テバク』のことを考えるのが当たり前だった。その『テバク』も6月14日に最終回が放送されてしまい、今週は久しぶりに『テバク』の放送がない週明けとなった。

ちょっとした虚脱感が残る。




一般の視聴者がそんな気分を味わっているほどだから、主役を務めたチャン・グンソクは、どんな思いで『テバク』のない日々を過ごしているのだろうか。

彼にしてみたら、感傷にふけっている暇はないかもしれない。7月には日本でツアーも開催される。その準備で忙しいはずだ。

それでも、チャン・グンソクは折にふれて『テバク』の一場面ずつを思い出しているに違いない。

それほどに、この作品は彼に多くのものを残した。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る