パク・ボゴムとジニョン!美しき好敵手物語

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンとジニョン(B1A4)が扮したユンソンが、男装していたホン・ラオンと三角関係に陥るというのが、『雲が描いた月明り』のメインストーリーであった。演技の上でも、パク・ボゴムとジニョンは世にも美しい好敵手物語を繰り広げていた。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより

韓服が似合う2人

最近の韓国時代劇の中でも、キム・ユジョンが演じたホン・ラオンほど幸せなヒロインは他にいなかっただろう。
なぜならば、パク・ボゴムとジニョンの2人から求愛されるという最高の立場にいたからである。
もちろん、両者の求愛を同時に受けるわけにはいかないので、どちらか1人を選ばなければならない。それでもパク・ボゴムとジニョンのキャラクターを考えれば、これほどうれしい「究極の選択」はなかった。




このところ、イケメンの男優がたくさん登場する韓国時代劇がいくつも見られるが、その中でも『雲が描いた月明り』は特別な輝きを持っていた。
主役のパク・ボゴム。朝鮮王朝の世子(セジャ/王の後継者)に扮していて、ジニョンは名門一族の御曹司を演じた。
2人とも文句なしの重要な役で十分に持ち味を発揮していた。何と言っても、韓服が本当によく似合っていた。
(ページ2に続く)

『雲が描いた月明かり』の時代1【主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?】

イ・ヨンを演じたパク・ボゴムが『雲が描いた月明り』を語る

究極の犠牲愛!『雲が描いた月明り』のユンソン

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは時代劇屈指のキャラクター!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る