パク・ボゴムとジニョン!美しき好敵手物語

このエントリーをはてなブックマークに追加

『雲が描いた月明り』についても紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著/実業之日本社発行)

2人は対照的だった

パク・ボゴムの眉目秀麗な細面の顔は、朝鮮王朝時代の世子がかぶる縦長の冠によくマッチしていたし、ジニョンの切れ長の目も、優雅さにあふれて韓服の装いを際立たせていた。
2人はホン・ラオンをめぐって火花を散らすのだが、この場合は「ライバル」と言うより「好敵手」という表現のほうがふさわしい。
好敵手は、力量に優れた2人が高いレベルで争うというイメージが強い。まさにパク・ボゴムが演じたイ・ヨンとジニョンが扮したユンソンは、好敵手そのものだった。




スポーツだけでなくドラマの世界でも、好敵手が不可欠だ。その存在が、ストーリーをぐいぐい引っ張っていく。
特に、好敵手の2人が対照的であればあるほど、その違いが鮮明になってドラマが面白くなる。
『雲が描いた月明り』でも、ツンデレのイ・ヨンを演じたパク・ボゴムと、自分の気持ちを素直に表現するジニョンは、対峙させるうえでも違いが麗しかった。
どこから見ても、美しき好敵手物語を演じたパク・ボゴムとジニョン。まさに、韓国時代劇に新しい風を起こした最高級の2人だった。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)

『雲が描いた月明かり』の時代1【主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?】

イ・ヨンを演じたパク・ボゴムが『雲が描いた月明り』を語る

究極の犠牲愛!『雲が描いた月明り』のユンソン

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは時代劇屈指のキャラクター!

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る