イ・ヨンを演じたパク・ボゴムが『雲が描いた月明り』を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

11月16日に東京都内で記者会見を行なったパク・ボゴムは、自身が主演した『雲が描いた月明り』について存分に語った。その言葉を聞いていると、パク・ボゴムがいかにイ・ヨンという役に愛着を持っていたかがわかる。

魅力的なキャラクター

パク・ボゴムは『雲が描いた月明り』で演じたイ・ヨンについて、その性格の多面性をこう指摘している。
「イ・ヨンというキャラクターは、少し気難しくて堂々としているのですが、内面はとても力強くて温かさを持っている人物です。一見すると冷たそうに見えても、内面はそうではないというところに魅力を感じました。また、年は若いのですが、非常に強靭な心を持っているというところでも学ぶことがたくさんありました」




さらにパク・ボゴムは「イ・ヨンは、誰よりも家族を想う気持ちが強かった」と語っている。
「僕は、このイ・ヨンという人物を考えると、胸が痛んでしまった部分がありました。というのは、彼は、その場から引きずりおろそうとしている人たちに取り囲まれていたからです。宮廷の中で信じられる人物というのは、いつも側にいてくれるチャン内官と妹しかいなかったのです」
「イ・ヨンを取り巻く家臣たちからは、無力な王子として見られていたかもしれません。それをあえて彼自身が演じていた部分もあると思います」(ページ2に続く)

『雲が描いた月明かり』の時代1【主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?】

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

https://goo.gl/BtZmbd

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)はどれほど優秀だったのか?

https://goo.gl/ZsP4Ja

イ・ヨン(孝明世子)の劇的な人生を振り返る!

https://goo.gl/zf3dvA

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る