パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは時代劇屈指のキャラクター!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国時代劇で一番印象に残るキャラクターは誰か。そういう質問を受けたら、チャングム(長今)と答える人が一番多いはずだ。しかし、『雲が描いた月明り』が人気を獲得してからは、新たにイ・ヨンが印象深いキャラクターに浮上してきた。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより

イ・ヨンのモデルは誰?

2016年に韓国で制作された『雲が描いた月明り』は、時代劇として画期的な作品でもあった。
原作はウェブ小説で、ドラマもファンタジーな要素が強かったのだが、史実を生かしたストーリーは重厚でさえあった。
国王を上回る高官の権力、世子(セジャ)による代理聴政(テリチョンジョン/摂政のこと)、王族女性の暗躍、反乱主導者の動向……など、朝鮮王朝を揺るがした出来事が物語の中に巧みに組み込まれていた。




何よりも特筆すべきは、あの孝明世子(ヒョミョンセジャ)を主人公のモデルにしていることだ。つまり、『雲が描いた月明り』でパク・ボゴムが演じたイ・ヨンは孝明世子のことなのだ。
1809年に生まれた孝明世子は、朝鮮王朝の数多い世子の中でもっとも聡明であったと言われている。実際に父の純祖(スンジョ)の代理として政治を仕切って抜群の実績を挙げていた。
そのまま国王になっていれば、どれほどの名君になったことか。
それほどの逸材であった
(ページ2に続く)。

パク・ボゴムにとって2017年はどんな年だった?

イ・ヨン(孝明世子)の無念を晴らした『雲が描いた月明り』

パク・ボゴムがイ・ヨンを演じた『雲が描いた月明り』の重要な歴史解説!

パク・ボゴムは『雲が描いた月明り』で「家族の絆」を実感!

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る