白骨部隊・青星部隊・イギジャ部隊の新兵訓練は何をする?(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

BIGBANGの3人が次々に兵役入りした。G-DRAGONは白骨部隊、SOLは青星部隊、D-LITEはイギジャ部隊のそれぞれの新兵教育隊に入った。こうした最前線の部隊では5週間の新兵訓練はどのように行なわれるのか。今回は前編だ。

化学ガス訓練を行なう新兵たち(写真=韓国陸軍公式サイトより)

最初の4日間は準備期間

どの部隊の新兵教育隊でも、入隊した当日は午後2時から入所式が行なわれる。
それが終わると、正式に訓練兵として登録され、新兵訓練の準備段階に入る。このときは、次のような段取りとなる(部隊によって内容が変わることもある)。




◆身長・体重などの体格を正確に測定し、身体に合う活動服が支給される。
◆健康診断を受ける。健康に問題があれば、帰宅処分もありうる。
◆知能検査と適性検査を受ける。
◆軍服を支給され、小銃を割り当てられる。
こうした準備段階は4日程度もうけられている。その後は正式な連隊入隊式に臨み、いよいよ軍人訓練が始まる。
入隊してから2週目となり、軍人としての精神教育を受ける。さらに、敬礼や制式(立ち方や行進の仕方など)をみっちり仕込まれる。
また、軍人としての連帯感を高めるために、軍隊式の体操や軍歌を習う。(ページ2に続く)

白骨部隊・青星部隊・イギジャ部隊の新兵訓練は何をする?(後編)

白骨部隊・青星部隊・勝利部隊・イギジャ部隊の共通点は?

白骨部隊(第3師団)はどんな部隊なのか?

青星部隊(第6師団)はどんな部隊なのか?

イギジャ部隊(第27師団)はどんな部隊?D-LITEが入隊!

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る