白骨部隊・青星部隊・イギジャ部隊の新兵訓練は何をする?(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

BIGBANGのG-DRAGONは白骨部隊、SOLは青星部隊、D-LITEはイギジャ部隊に入り、3人は新兵教育隊で新兵訓練を受けている。それは5週間にわたって行なわれるが、具体的にどんな内容なのか。前編に引き続き、今回は後編だ。

写真=韓国陸軍公式サイトより

全身が筋肉痛

新兵訓練の3週目に射撃訓練をみっちり行なったあと、4週目になると遊撃訓練に移っていく。
この遊撃訓練とは何か。
山野を移動しながら敵に近づいて勝利を得る訓練である。
具体的には、俊敏に動いたり、地面に這いつくばったり、うつ伏せになった状態で銃を構えて撃ったりしなければならない。




それゆえ、この訓練は身体的にとてもつらい。
特に、白骨部隊、青星部隊、イギジャ部隊といった最前線の部隊は山岳地帯に駐屯している。それだけ、地形にアップダウンが多い。当然ながら、他の部隊と比べても、遊撃訓練が厳しいのだ。
この訓練が続くと、全身が筋肉痛になり、夜も痛みが消えなくなる。しかし、その苦痛を乗り越えなければならない。(ページ2に続く)

白骨部隊・青星部隊・イギジャ部隊の新兵訓練は何をする?(前編)

白骨部隊・青星部隊・勝利部隊・イギジャ部隊の共通点は?

白骨部隊(第3師団)はどんな部隊なのか?

青星部隊(第6師団)はどんな部隊なのか?

イギジャ部隊(第27師団)はどんな部隊?D-LITEが入隊!

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る