白骨部隊(第3師団)はどんな部隊なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓流スターが兵役によって入隊したときには、「どの師団に配属されるか」を知ることがとても重要だ。なぜなら、所属する師団によって、駐屯する地域と軍務が大きく変わってくるからである。




白骨になるまで戦い抜く

韓国の陸軍には約40個の師団がある。
それぞれの師団が1万人前後の兵員を抱えており、師団長は通常なら少将が担うことになっている。
各師団にはそれぞれの任務があるが、江原道(カンウォンド)の鉄原(チョロン)で重要な役割を果たしているのが第3師団だ。
この第3師団は「白骨部隊」と呼ばれる。白骨になるまで戦い抜く魂を持った部隊というのが伝統だ。
それほど勇猛な部隊であり、シンボルマークも不気味な頭蓋骨だ。
白骨部隊が韓国陸軍の中でも最強の1つと言われているのは、任務が特別だからだ。わかりやすく言えば、北朝鮮が攻めてきたときに第一の防波堤になるのだ。




それゆえ、兵士たちは「捜索・偵察」の訓練をみっちり行なう。これは、軍事境界線を越境してくる北朝鮮の兵士を見つけ出す訓練だ。(ページ2に続く)

白骨部隊の新兵教育隊ではどんな訓練をするのか

白骨部隊の新兵教育隊ではどんな毎日を過ごすのか

芸能人の兵役が気になったらまず知るべき基本知識!

韓流スターはどんな準備をして兵役に入っていくのか

兵役に入ったスターがイジメを受ける心配は?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る