イギジャ部隊(第27師団)はどんな部隊?D-LITEが入隊!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

BIGBANGのD-LITEが新兵教育を行なう第27師団は、「イギジャ部隊」と呼ばれている。「イギジャ」というのは「勝とうぜ!」という意味であり、この師団は施設がとても充実していることで知られている。

이기자(イギジャ)というのは「勝とうぜ!」という意味




部隊名の由来

果たして、「イギジャ部隊」はどんな部隊なのか。
韓国の師団には、有名な愛称がよくついている。たとえば、第3師団の白骨部隊、第6師団の青星部隊、第9師団の白馬部隊、第15師団の勝利部隊など……。
それぞれに勇ましい愛称がついているのだが、第27師団は「イギジャ部隊」と呼ばれている。イギジャは「勝とうぜ!」という意味だが、なぜこのような名前がついたのだろうか。
この師団は1953年に創設されたが、最初の師団長が「無敵必勝」というスローガンを掲げ、「勝つためにとことん戦おう」という意味で「イギジャ部隊」と名付けた。それが由来である。




駐屯しているのは、江原道(カンウォンド)の華川(ファチョン)郡である。ソウルから東北側に90キロほど離れた地域であり、ここは軍事境界線の中央部の南側に位置している。
ちなみに、華川郡は他に勝利部隊も駐屯している。(ページ2に続く)

芸能人の兵役が気になったらまず知るべき基本知識!

韓流スターはどんな準備をして兵役に入っていくのか

兵役に入ったスターがイジメを受ける心配は?

青星部隊(第6師団)はどんな部隊なのか?

白骨部隊(第3師団)はどんな部隊なのか?

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る