平昌を大いに盛り上げるチャン・グンソク!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

平昌(ピョンチャン)オリンピックとパラリンピックの広報大使を務めているチャン・グンソク。3月10日に行なわれたパラリンピックのアイスホッケー日韓戦でもチャン・グンソクは特別な存在感を見せていた。

チャン・グンソクの記事を掲載した3月11日付けの「朝日新聞」

2018枚のチケット

平昌オリンピックとパラリンピックが開催される韓国東北部の江原道(カンウォンド)。ここは、チャン・グンソクの父方の故郷だ。ソウル生まれのチャン・グンソクだが、父方の故郷には特別な愛着がある。
そんな縁があって、チャン・グンソクは広報大使を務めることになった。




1月29日には、聖火リレーの走者として登場し、安藤美姫さんから聖火を受け取って大会をアピールした。
そのときのチャン・グンソクは、本当にうれしそうだった。
そんな彼の姿が、3月10日に江陵(カンヌン)で行なわれたパラリンピック・アイスホッケーの会場にあった。
この日は日本と韓国の対戦。そのチケットをチャン・グンソクは2018枚購入して、ファンに「一緒に観戦しよう」と呼びかけた。
そして、ツアーに参加した人たちにチケットを配ったのだ。(ページ2に続く)

チャン・グンソクが平昌五輪の広報大使として大活躍!

感慨深い!『冬ソナ』のロケ地で五輪が開かれる

小平奈緒が李相花(イ・サンファ)に言った「チャレッソ」の深い意味は?

見事な銀メダル!平昌五輪でブームを起こした韓国の女子カーリング

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る