小平奈緒が李相花(イ・サンファ)に言った「チャレッソ」の深い意味は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

平昌(ピョンチャン)オリンピックのスピードスケート女子500mで、小平奈緒はすばらしい優勝を成し遂げた。それまで五輪2連覇を達成していた韓国の李相花(イ・サンファ)に勝ったという意味でも、価値ある金メダルだった。その小平奈緒が、レース直後に李相花にかけた言葉が印象的だ。

2人の写真を掲載した2018年2月19日付けの「朝日新聞」

史上に残る名勝負

小平奈緒と李相花は、金メダルを争うライバル関係にありながら、友人同士として仲がいいことでもよく知られている。それだけに、厳しい勝負の世界では心境が複雑だったに違いない。
特に五輪2連覇を達成している李相花は、韓国でも女帝と称されるほどのスーパースターであり、地元開催だけにプレッシャーも並大抵ではなかっただろう。
実力を比べてみると、この数年間で急上昇した小平奈緒が、最有力の金メダル候補になっていた。




李相花は、ひざの故障などもあって実力が発揮できない日々が続いていたが、本番に向けてしっかり調子を整えてきて、史上に残る名勝負となった。
多くの人が感動したのは、そのレースが終わった直後である。涙を見せる李相花を抱きしめた小平奈緒は、優しく「チャレッソ(잘했어)」と声をかけた。
この「チャレッソ」とはどういう意味だろうか。(ページ2に続く)

小平奈緒の優勝は韓国でどう報じられたか

韓国のメディアは羽生結弦の優勝をどのように伝えたか

感慨深い!『冬ソナ』のロケ地で五輪が開かれる

『冬のソナタ』を撮影した龍平(ヨンピョン)リゾートで平昌五輪開催!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る