感慨深い!『冬ソナ』のロケ地で五輪が開かれる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2月9日に総合開会式を行なう平昌(ピョンチャン)オリンピック。韓国としては、悲願の冬季五輪開催であった。その開催場所が『冬のソナタ』のロケ地。日本の韓流ファンにとっても、非常になじみが深い場所だ。

『冬のソナタ』で平昌のスキー場を歩くペ・ヨンジュン

韓国で開催するなら平昌!

あの『冬のソナタ』に出てきた映像を見てもわかる通り、平昌は韓国有数の冬季リゾート地である。
韓国は、2000メートルを超える山がない国で、寒い割には豪雪というわけではない。そんな事情があって、本来はスキー場の数自体が少なく、平昌のスキー場にしても人工降雪機の世話になることがとても多い。
とにかく、『冬のソナタ』でもユジンが人工降雪機の下で思いっきり泣く場面があったが、平昌のスキー場は韓国随一と言うほど人工降雪機を備えていて、降雪の量を心配することなくスキーを楽しめる場所だ。




実際、『冬のソナタ』では、平昌のスキー場の施設開発の仕事でチュンサンとユジンが同じ仕事をしていくという展開だったし、特に前半ではスキー場が完全にメインのロケ現場になっていた。
私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)は何度も冬の平昌に行ったが、ドラマに出てきたとおりのゴンドラに乗って山の頂上まで行くと、まさに『冬のソナタ』で展開されたような雪一色のすばらしい景色が広がっている。
そこで、チュンサンとユジンが願い事をする有名な場面があったが、あのゴンドラに乗っているときに眼下に見えるスキー場のコースは、まさに「オリンピックを韓国で開くならここしかない」と思わせるものがあった。(ページ2に続く)

『冬のソナタ』を撮影した龍平(ヨンピョン)リゾートで平昌五輪開催!

平昌五輪の開幕式!まさに「韓流劇場」

たとえ五輪でも生観戦にこだわらないのが韓国人気質!

平昌(ピョンチャン)五輪では日本選手が大活躍する!?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る