見事な銀メダル!平昌五輪でブームを起こした韓国の女子カーリング

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

平昌(ピョンチャン)オリンピックで人気が急上昇した競技……といえば、日本も韓国もカーリングである。韓国は銀メダル、日本は銅メダルを獲得したが、オリンピックが終わった後もその余韻は強烈に残っている。

日本と韓国の女子カーリングを報道する2月23日付けの「日刊スポーツ」

目立っていた「メガネ先輩」

今回の平昌オリンピックは、時差がないということもあって、日本で各競技の視聴率がとても高かった。
特に注目すべきはカーリングだった。
日本と韓国が激突した女子の準決勝は平均視聴率が25.7%、日本のメダルがかかっていた3位決定戦の日本対イギリスは25.0%だった。




これほどの視聴率を挙げたということは、いかに日本でカーリングに注目していた人が多かったかを物語っている。
日本と同様に、韓国でも女子のカーリングは大人気となった。韓国代表チームは決勝まで進み、惜しくもスウェーデンに敗れて銀メダルとなったが、国民を熱狂させるほどの旋風を巻き起こした。
特に話題となったのがスキップのキム・ウンジョンだ。
日本でも「メガネ先輩」という愛称でよく知られるようになったが、韓国でも冷静なプレーぶりが高く評価されて人気が沸騰した。(ページ2に続く)

平昌五輪で日本が歴代最高のメダルを獲得した要因は?

平昌閉幕!日本にとって歴史的な五輪だった

小平奈緒が李相花(イ・サンファ)に言った「チャレッソ」の深い意味は?

小平奈緒の優勝は韓国でどう報じられたか

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る