平昌閉幕!日本にとって歴史的な五輪だった

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2月9日に開会式が行なわれた平昌(ピョンチャン)オリンピックが、25日の閉会式をもってすべての日程を終えた。日本は、歴代最高のメダルを獲得して、選手が大いに力を発揮した。

平昌オリンピックの閉会式の様子を伝える2月26日付けの「朝日新聞」

徹底的な選手強化

今回の平昌オリンピックでは開幕前に北朝鮮が急に参加することになり、南北合同チームが論議を呼んだ。政治がオリンピックに介入したという論調も多かった。
しかし、始まってみれば、世界最高レベルの選手たちによって熱い戦いが繰り広げられた。その中でも特に日本選手の活躍が目立った。当然ながら、日本国内でも平昌オリンピックに対するボルテージはぐんぐんと上がった。




日本の大活躍を支えたのがスピードスケートだ。女子の各選手が持てる力を発揮して、合計で金3つ、銀2つ、銅1つのメダルを獲得した。前回のソチオリンピックでは、スピードスケートは大不振だったが、その反省から協会が徹底的な選手強化に乗り出し、その成果が実を結んだ。
さらに、日本中を熱狂させたのが羽生結弦の連覇だった。怪我によってぶっつけ本番となったのだが、そういう不安を微塵(みじん)も感じさせずに五輪王者として堂々たる演技を披露して、記録的な連覇を達成した。銀メダルも宇野昌磨が獲得し、日本のフィギュアスケートのすばらしさを世界に示した。(ページ2に続く)

平昌五輪で日本が歴代最高のメダルを獲得した要因は?

小平奈緒が李相花(イ・サンファ)に言った「チャレッソ」の深い意味は?

小平奈緒の優勝は韓国でどう報じられたか

韓国のメディアは羽生結弦の優勝をどのように伝えたか

感慨深い!『冬ソナ』のロケ地で五輪が開かれる

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る